日本フードバランス協会|食事は「楽しく」そして「バランス」が大切です

フードバランスアドバイザーとは

フードバランスアドバイザー講座では、食材や栄養、調理法、免疫力や美容、からだのしくみ、心の健康など食生活におけるトータルな「バランス」をキーワードにしたフードバランスについて学びます。 情報に踊らされずに、正しい知識を深め、食について理解すると自分の健康のみならず、家族や大切な人の食生活にも役立ちます。講座を受講し、試験に合格すると日本フードバランス協会より認定証を発行致します。

【フードバランスアドバイザー講座の特徴】
1.日本フードバランス協会認定の資格が取得出来ます。
2. バランスのよい献立が作成出来るようになります。
3. 効果的な食べ方について知識が広がります。
4.料理のデモや試食があります。
5.野菜、果物について深く学びます。
6.幅広い食材の知識が身に付きます。


各コースのご案内はこちら

フードバランスプロデューサーとは

フードバランスプロデューサー講座では、食材の知識はもちろん、女性ホルモン、味覚、体内美容なども含め、バランスのよい食空間をプロデュースする方法について学びます。この資格を取得後、講師としての認定を受けると「フードバランスアドバイザー講座」を開講出来、講師として活動出来ます。

【フードバランスプロデューサー講座の特徴】
1.インナービューティーにおける果物の持つ栄養、果物の
  楽しみ方、効果的な調理法などについて学びます。
2.ハーブの抗酸化作用や効能、取り入れ方、各ハーブの
  品種、調理法について学びます。
3.子供の味覚の育て方や食育について学びます。
4.陽陰の食材、女性ホルモンを高める食材や調理法に
  ついて学びます。
5.各美容テーマにおけるメニュー提案が出来るスキルを
  学びます。

各コースのご案内はこちら

ダイエット講座とは

この講座は、ご自身の体をキレイに痩せやすくするための食事法、リバウンドしない ダイエットについて学ぶ講座です。食物繊維の効果的な摂り方や野菜を美味しく食べる調理法、糖質の効果的な摂り方、キレイに痩せる料理レシピも満載で実践しやすい内容です。

【リバウンドしない!ダイエット講座の特徴】
1. 5分で作れる簡単でヘルシーな料理を習う事が出来る。

2.なぜ太るのか?そのしくみについて学びます。
3.ダイエットについての正しい知識と「食べて健康になる
  ダイエット学」が身につきます。
4.ダイエットに適したお酒の飲み方やおやつ、お茶などに
  ついて、学ぶます。
5.受講生全員に30日分の食事日記が書けるダイエット
  ダイアリーBOOKをプレゼント。


各コースのご案内はこちら

INFORMATION

【NEW!】2016.8.6
8月6日発売の女性誌「CREA」の「女を磨くスクールガイド特集」の中で当協会主催「リバウンドしない!ダイエット講座」が紹介されました。

詳細はこちら

【NEW!】2016.4.28
「日刊ゲンダイ新聞」より震災時に役立つ火を使わない調理法や常備しておいたほうがよい食材などについてコメントした記事が掲載されました。

詳細はこちら

【NEW!】2016.1.30
オードリーさんが司会のNHK番組「マサカメTV」に小針代表が出演しました。5分で肉を解凍する裏技を披露しています。

詳細はこちら

レシピ「酢玉ねぎ」

玉ねぎは血液をサラサラにし、中性脂肪、悪玉コレステロールを低下させる働きがあります。また、お酢は疲労回復や食欲増進にもよいため、玉ねぎと酢を組み合わせた「酢玉ねぎ」は健康や美容にとてもよい食材です。ぜひ毎日の食事に取り入れてみましょう。

~「酢玉ねぎ」の作り方~
玉ねぎ1個は薄切り又はみじん切りにし、そのまま30分放置した後、(水にさらさないこと) 密閉出来る容器に入れ、塩を2つまみ、りんご酢大さじ3、黒酢大さじ3、蜂蜜大さじ2杯半を入れてよく混ぜ、冷蔵庫で保存する。お酢は2種類使用しましたが、大さじ6にして1種類の酢でもOK。お酢はどんなものでも可。

翌日から食べられますが、作って3日目くらいからが美味しいです。2週間以内に食べきるようにしましょう。

注目食材「こんにゃく麺」

こんにゃく麺はこんにゃくで出来た低カロリーな麺です。常温で保存可能で、今は水洗い不要のこんにゃく麺もあります。(下記、「ヌードルクレンズ」は水洗い不要)
茹でる手間もかからないため、封を開けたらすぐに食べられ、腹持ちがよいので、常備しておくと何かと便利ですし、防災用としてもオススメです。


こんにゃく麺「ヌードルクレンズ」
製造元:㈱ウエハラHC

また、今は糖質ゼロのこんにゃく麺もあり、各メーカーから色々なこんにゃく麺が売られています。味も昔に比べて格段に美味しくなっています。ダイエット食としてはもちろん、日頃の食事にぜひ取り入れてみましょう。